健康な食生活は女性には嬉しいことばかり!

栄養の摂りすぎでも体はうまく機能しませんし、栄養が足りなくてもダメです。
色んなものをバランス良く摂れば、体が上手にバランス良く栄養素を運んでくれるようになります。
すると毛深さの原因ともなる女性ホルモンのバランスが整ったり、肌がキレイになったり、ダイエットに効果があったりと女性にとっては嬉しことばかりです!中でも女性ホルモンのバランスを整えるために意識して改善していきたい食生活をご紹介。

お酒は飲みすぎずにほどほどに!

最近では、女性の方がお酒好きが多いという結果がでています。ニュースなどを見ていても少し前までは、お酒によるトラブルを起こす割合は男性の方が比較的に高めでしたが、最近では女性による飲酒トラブルも非常に増えています。もちろん、成人している女性であればストレス発散として飲むのは決して悪いことではありません。しかし、女性は男性に比べアルコール分解能力も低く体に受けるダメージも多いです。
お酒を分解することにパワーをフルに使ってしまうとホルモンバランスが崩れやすくなってしまいます。
自分ではストレス発散のつもりでいても体にとっては、お酒の飲みすぎや深夜までの飲酒は、ストレスになっていることもあります。ホルモンバランスの乱れを予防するにはほどほどに!

女性ホルモンの働きを助ける食品を意識的に摂取する!

最近では女性の間では、あたりまえのように言われている大豆イソフラボンと女性ホルモンの関係ですが、これだけ広まったこともあり、賛否両論あります。
似ているだけでは意味はないとか、摂りすぎると良くないとか言われています。
効果が現れやすいかどうかや、ホルモンのバランスは自分では判断しずらいところからこのように色々なことを言われます。
しかし、大豆自体昔から日本人の生活ときっては切れないものですし、私たちの体は大豆の栄養素を歓迎しやすい基盤ができています。なので、毎食1品は大豆系食品を取り入れるというのは健康には良いことです。朝は味噌汁、昼はお豆腐、夜は納豆のように、調理方法の違う形で大豆を摂取すればバランスもよく取りすぎるキケンも防げます。
大豆は、摂っておいて間違いのない食品といっても過言ではありません。